わきが・多汗症治療

わきが・多汗症治療

ビューホット治療法(わき・すそ・乳輪)・プラズマ法・トリミング法・ボトックス

  • 料金表はこちら

わきが・多汗症の治療(わき・すそ・乳輪)

<わきが多汗症治療ViewHOTとは>

患部に直接フラクショナルRFエネルギーを照射することで治療効率、身体への負担を大幅改善した治療法を当院院長が考案(特許取得済み)しました。

その治療法の一つがView HOT治療です。

また、より最適な治療を行うために、連携する岡山大学、研究機関で、基礎研究、臨床研究を行っており、そこで得られた多くのデータ(結果)を治療に反映させた当院独自のわきが多汗症治療法(View HOT治療法)を行っています。

様々な新しいデータが発見されており、当ホームページでも皆様へ情報提供を行っていこうと考えております。

 

<開発研究機関である当院のViewHOT>

治療理論を考案、構築した当院は、治療の精度をあげるべく現在も研究を進めています。

治療の温度測定、腋窩(脇)組織解剖などの研究を岡山大学と提携し、より効果的、より安全な治療を行っております。

また、種々の実験結果より、わきが多汗症にビューホット治療が大変有効であることが証明されました。

温度測定図(例)

<当院ViewHOT施術のポイント>

1.温度測定により、詳細な腋窩温度を把握し、最適な出力、照射時間において、より効果的、より安全な治療が可能です。
2.エクリン腺、アポクリン腺の存在位置をより的確に把握し、直接患部に治療を行うことが可 能です。
3.作用機序を把握しているため、しっかりとした治療、アフターフォローが可能です。

VH個別治療法2

※ 予約多数、セミナー等技術指導のため、ご希望の日時にご予約がお取り出来ない場合がございます。お急ぎの方は、お早めにお電話、メールでのご確認をお願い致します。

皮脂腺

表層にある皮脂腺は毛穴のごく近くに存在し、そこから分泌される汗は皮膚の保湿や殺菌作用等の役割がありますが、分泌量が多いとニキビや吹き出物が出来たり、アポクリン腺の汗と混ざり合うと臭いの原因にもなります。

エクリン腺

浅層にあるエクリン腺は全身に分布しており、特にわきの下や手掌に多くあります。分泌される汗は99%以上が水分で、サラサラして臭いが付きにくく、体温調節をしています。その汗の量が異常に多い状態を多汗症と言います。

 

アポクリン腺

中間層から深層にあるアポクリン腺はわきの下や耳の中、乳輪の周囲、陰部等に存在し、体毛に直接繋がっています。そこから分泌される汗は粘稠度が高く、細菌等が付着し、臭いを発生させます。そのアポクリン腺の数や密度、汗の分泌量が多いとわきがの症状が強くなります。またこれらの症状は飲酒、喫煙、睡眠時間、運動不足、ストレス、脂質や香辛料の過剰摂取、ホルモンバランス、更年期等の様々な要因によって悪化します。

 わきが多汗症治療の一つである皮膚を切開し反転させる手術法では、最も効果があると言われていますが、1時間半位の手術時間、術後1週間以上のわきの固定・日常生活(入浴、通勤・通学)の制限、切開部の瘢痕(傷跡)・拘縮(傷のひきつれ)などにより、治療を受けることをためらうケースも多く見られます。

 一方、従来のレーザー治療等では、高熱で治療を行うため、熱傷の危険や皮膚表層の治療がしにくく、再発が起こりやすい問題点があります。

 そこで施術効率、身体への負担を大幅に改善し、高熱ではないRF波を用いた新理論ViewHOT治療法が登場しました。

 皮下浅層のエクリン腺からアポクリン腺まで広範囲に治療できるようになったため、今までより大幅に時間短縮され、15分で施術が可能になりました。メス不要の治療のため、傷痕も残しません。また、極細ニードル・冷却機能によって疼痛、身体への負担を軽減しています。そのため小学校3年生からご年配の方まで幅広くご利用いただけます。また治療後はその日からシャワー入浴が可能です。日常生活への支障はほとんどないわきが・多汗症の新しい治療です。





 

 一般的なわきが・多汗症治療 プラズマによる わきが・多汗症治療新わきが・多汗症治療 ビューホット
麻酔注射による局所麻酔注射による局所麻酔※麻酔クリームによる 表面麻酔
切開ありなしなし
施術時間80分~120分50分前後15分前後
術後固定10日~2週間程度必要なし必要なし
入浴固定中は患部をお湯につけられない翌日から全身シャワー浴が可能その日から全身シャワー浴が可能
傷跡切開の傷が残るごく小さなもの(次第に消える)傷跡は残らない
日常生活への支障固定中は動作制限ありほとんどなしなし

※症状が中高度以上の方は局所麻酔を追加することがあります。 バナー VH術後画像集縦公開  ■小さな子供は何歳から治療を受けられますか?  A.小学校3年生から可能です。アポクリン腺は性ホルモンの影響を強く受けているため、中学生くらいからわきがの症状が出始めると言われていますが、最近では小学校高学年でも見受けられます。集団生活が始まるなどの理由で治療を強く希望される保護者の方も多いため、小学校3年生から対応させていただいております。 ■他院で別の治療法を受けたのですが、再治療は受けられますか?  A.ほとんどのケースが可能です。無料カウンセリングで詳しくお話しください。  ■施術時間はなぜそんなに短いのですか?  A.浅層にあるエクリン腺、中間層~深層にあるアポクリン腺を効率良く同時に施術対応が可能になったからです。 ■麻酔の痛みはありますか?  A.注射器を使用せず麻酔クリームを塗布するだけですので麻酔時の痛みはありません。症状が中高度以上の方は局所麻酔を追加することがありますが、針を使用しないジェット水流による麻酔浸透注入MEDJETを併用することも可能です。 ■施術中の痛みはありますか?  A.従来のものより大幅に軽減されましたので少ない負担で受けて頂けます。若干暖かく感じる程度といわれています。 ■切らずに治療ができるのですか?  A,はい。メス不要の施術になります。  ■臭いはすぐに消えますか?  A.治療直後から効果が現れます。 ■傷痕は残りますか?  A.残りません。 ■治療後の腫れや、痛みはありますか?  A.ほとんど腫れや、痛みはありません。施術後、かさぶたが出来ることがありますが、これは消えていきます。 ■わき毛はなくなりますか?  A.脱毛治療ではないので、わき毛に対してはほとんど影響ありません。 ■内出血はありますか?  A.治療による内出血はまずありません。 ■術後のケアはどのようにしたら良いでしょうか?  A.特別にケアする必要はございません。 ■シャワー入浴は可能ですか?  A.当日からシャワー入浴は可能ですが、3日ほどは施術部位を強くこすらないようにしてください。 ■通勤・通学は可能ですか?  A.翌日から通勤・通学は可能です。 ■治療後スポーツが出来ますか?  A.翌日から軽いスポーツは可能です。激しいスポーツは2、3日お控え下さい。 ■再発したら費用はかかりますか?  A.万が一再発として診断された場合は再治療をさせて頂きます。通常料金で受けられた患者様は治療後1年間保証が付いています。またモニターキャンペーンをご利用の患者様につきましてはカートリッジ等の費用はかかりますが、再治療費は無料です。

通院の必要性はございませんが、気になる点・不安な点はお気軽にご相談ください。治療後の状態により最適なケアをご提案させていただきます ドクターとじっくり話し合い、一緒にわきが・多汗症を治していきましょう。

プラズマによる切らないわきが・多汗症治療

身体への負担を減らし、翌日の通勤・通学にほとんど支障なし!! 
ずっと続く効果を低価格で実現したわきが・多汗症治療

プラズマによるわきが・多汗症治療は、”今までの安価な治療ではできなかった”高い治療効果を低価格で実現した治療。
切らずにできる治療なので、術後の生活への支障がほとんどなく、傷跡もしばらくの間だけ虫刺され程度の小さなものが残るくらいです。

わきが治療(トリミング法)

においの原因となるアポクリン汗腺を除去します。
手術には様々な方法がありますが、当院のトリミング法は従来の方法よりもアポクリン汗腺を確実に除去できるわきが治療法です。
入院の必要性はありませんが、激しい運動は術後1週間程度避けてください。

わきが多汗症(ボトックス注入)

ボトックス注入により、エクリン腺からの発汗を抑えます。汗の分泌が減少することにより、わきがにも効果があります。汗腺を取り除く治療ではありませんので、約半年~1年の間、汗の量を抑えることが可能です。注射による施術のため、身体への負担も軽い治療です。